【iPhone XS/XR】QRコードの利用方法読み込めない時の対処方法

ここでは、簡単にiPhone XSでQRコードの取り込み方法について解説します。

わかりやすく端的に紹介します。

以前のiPhoneではQRコードを読み取るときは、アプリを起動して読み込んでいましたが、最近のiPhoneではアップデート後に、アプリをわざわざ起動せずともそのまま写真を撮影するように、QRコードを枠に入れさえすれば簡単に読み込むことができます。

このとき、上記にサファリからURLが表示されたり、App Storeに移動したりと簡単にQRコードの詳細ページへ移動することができます。

1.カメラで読み取る

カメラを起動し「写真」が「スクエア」モードにする。

カメラをQRコードへ向けると即座にスキャンされる。

2.バナーをタップする

スキャン後、画面上部に表示される「App Storeで表示」のバナーをタップしよう。

3.アプリをインストール

App Storeで該当アプリのページが表示されるので、「入手」が価格表示をタップしてインストールします。

もし、読み込めなかった場合は、カメラのピントが合っていないことがよくあるので、何度かトライして見て根気よく撮影してみてください。

それでも、読み込めない場合は差端末自体を再起動するか、QRコード自体に不備がある場合があるので、違うQRコードコードがないか、確認してみましょう。